Reagle

知りたい求人ニーズをリアルタイムにお届けする、
シンプルな営業ツールです。

必要なのは、ターゲットを指定するだけです。
国内の主要求人媒体の新着求人から、知りたい企業の
求人だけを通知します。

無料で試してみる

ターゲットを指定。
あとは、メールを待つだけ。

ターゲットの指定方法は2種類。

1.地域と職種を選択。

2.ターゲットリストを
作成して登録。※

※ターゲットリストの登録は、
有料プランのみとなります。

設定後、最短翌日からメールで配信。
※有料プランの場合は、配信時間を指定できます。

「企業名」「募集タイトル」「エリア」「媒体名」「広告サイズ」「掲載URL」など、 必要な情報のみを配信します!

毎日のクローリングと高精度マッチングで、リアルタイム配信を実現。

毎日クローリング。

最新の情報を取得するため、クローリングは毎日行っています。
毎日のクローリングデータと、前日分のクローリングデータを比較することで、
最新の求人、掲載が落ちた求人を、リアルタイムに配信することができます。

高精度で柔軟なマッチング。

企業名単位でのマッチングを行う場合、マッチング元のデータ状況に合わせて、
「企業名+電話番号の一致」「企業名のみの一致」など、柔軟なマッチング設定が可能です。

また、マッチング精度を上げるために、クローリングデータについても、
社名や電話番号のクリーニングや独自データベースを利用した補完処理など、
様々な処理を行った上で、マッチング処理が実行されます。

こんな方のお役に立っています。

事例1 求人メディアA社
ターゲットをロックオン

新規で獲得したいターゲットを地域×職種で絞り、Reagleに登録しています。

ターゲットを絞り込むことができているため、効率的な新規営業ができています。
また、営業担当だけでなく上司にもメール通知を行うことで、
対応漏れも防いでいます。

事例2 求人広告代理店B社
掲載落ちのタイミングを狙う

有効求人倍率が1倍を大きく上回っている現在、求人広告を出稿しても
応募者を集めきれないケースもちらほら。
そこで、掲載終了のタイミングでピンポイントで狙ってコンタクトを取るために、
Reagleを利用しています。

応募者が集まりきっていない場合には商談に発展する可能性も高く、
営業効率の向上に一役買っています。

事例3 人材紹介C社
休眠クライアントを掘り起こす

2000社ほどの取引実績がありますが、稼働しているのはそのうちの1割〜2割程度。
8割以上のクライアントは直近の求人予定がなく、休眠状態となっています。
休眠中も毎月1回の電話で連絡するなど、属人的な仕組みで掘り起こしを行っていますが、
タイミングを逃してしまうこともしばしば。

休眠クライアントを企業名でターゲット指定(※)することで、
媒体掲載したタイミングを逃さず捉え、
求人ニーズが強いうちに営業することができています。
あまりのタイミングのよさに、クライアントからは、「なんで分かったの?」と驚かれます。
※企業名でのターゲット指定は有料プランのみの機能となります。

まずは無料で配信開始。

まずは、無料で試してみる

フリープランでは、地域・職種で絞ったターゲットの求人情報を14日間、毎日お届けします。
シンプルだからこそ、使いやすい。Reagleの効果をぜひ実感して下さい。

すぐに有料プランに申し込みたい方、
またはご質問・ご要望につきましては、
こちらのボタンからお問い合わせ下さい。

問い合わせる